「この先は3Dでやっていこう」
決意を固めたときに見えた、
gumiの新たなフィールドとは?

Studio Weiß 所属


新規プロジェクト デザイナー

── gumiではどんな仕事を担当していますか?

新規タイトルの3Dアセット制作がメインです。協力会社さんにお願いするための仕様設計、スケジュール管理、クオリティ管理を行っています。具体的には、2Dを3Dに落とし込む過程で生じる矛盾──例えば企画のやりたいことをヒアリングし、それを実現できるような仕様設計をして、各素材の制作を協力会社さんに依頼します。その後、納品された素材の実装までを一貫して担当しています。

── なぜgumiを選びましたか?

昔からデザインが好きで、以前はアパレルで服や壁紙のテキスタイルデザイナーをしていたこともあります。その後、いくつかの職業を経験する中で、もともと好きだった3Dの業務に携わることが増えて、「せっかくだから、この先は3Dでやっていこう」と。それで自分のスキルを活かせそうなゲーム業界にチャレンジしました。『ドラゴンジェネシス -聖戦の絆-』や『ファントム オブ キル』など、gumiのヒットタイトルはもちろん知っていましたし、当時のgumiには新規プロジェクト立ち上げに関連して新しい土壌をつくる流れがありました。この場所でゲームづくりに一から関わることできれば、おのれのスキルを高められると感じました。

── gumiで働く魅力とは?

とにかくさまざまなことにチャレンジさせてもらえて、経験の幅が広げられること。先ほども言いましたが、今回のタイトルでは、仕様設計からアセットの制作・管理、その後の実装まで、3Dにまつわる全工程を任せてもらっています。これはなかなかないことですし、しかも、メインキャラクターのみならず、彼らが持つ道具、背景、アニメーションなど、3Dに関連するすべての部分を、私一人で見させてもらってます。将来的には、3D周りの何もかもができる最強の存在になりたいので、めちゃくちゃ大変ですが、こんなにすごいチャンスを与えてもらえたのはありがたいですね。

── どんなところにこだわっていますか?

スケジュールとクオリティの両方を管理する立場なので、効率的に良いものが作れるやり方を常に考えています。今回は「強調したい範囲」と「そうでない範囲」を区別して、強調したい範囲に徹底的にこだわり抜くようにしました。そうすることで、限られた時間の中で、最良の結果を出せると思っています。ちなみに、今回強調しているのはキャラクターの顔やシルエット。バラバラに上がってきたパーツを実装して、魅力的なキャラが動いたときはすごくうれしいですね。
それから、協力会社さんにできるだけ負担をかけないスケジュール管理やチェック体制にも気を配っています。前職では依頼される側の立場も経験していたので、どういうお願いの仕方をすると先方が困るのか、そこは身をもって知っている(笑)。なので、こちらのチェック回数の上限を決めるなどして、協力会社さんにできるだけ負担をかけず、その分良いものをつくることに専念していただけるようにしています。

── どんな仲間と働きたいですか?

夢中になれる趣味を持っている人ですね。「趣味で3Dのキャラクターを作ってます」でも、それ以外の趣味でも、なんでもいいと思うんですが、自身の美意識というこだわりに対して高いクオリティを求める人であれば、gumiで面白いものがつくれると思います。gumiには凄腕のエンジニアたちがたくさんいるので、強いこだわりと基本的な3Dの知識さえあれば、技術的なフォローはできると思っています。将来的には、こだわりがある人たちと、3Dチームを構築して大きなことをやりたいですね。

プロフィール

大学卒業後、テキスタイルデザイナーとして経験を経た後、3Dコンテンツ、ゲームコンテンツ制作会社にデザイナーとして入社。デザイナー業務に加えて、クオリティディレクションなどの管理業務にも携わる。2016年、gumiに入社。