政治畑から転身。挑戦を評価してくれるgumiで、
経験豊かな仲間たちと、キャリアを活かしgumiの成長に貢献したい。

Secretary Office所属(兼 Corporate Affairs所属)

マネジャー

── gumiに入社を決めた理由は?

政治家秘書として次のステップを考えていたときに、秘書時代の後輩から「秘書としての経験を活かして、民間で挑戦してみないか」と誘いを受けました。転職には不安もありましたが、面接官の方が、私のキャリアを理解した上で「あなたにはここまでの裁量があったほうが、仕事が楽しめますよね」と言ってくださって。私のやりがいを重視してくれた姿勢が印象的で、「この方と一緒に働いてみたい、gumiで新たな挑戦をしたい」と強く感じました。

── 担当する仕事の内容を教えてください。

役員秘書やグループアシスタントが所属するSecretary Office部門のマネジメント業務を担当しています。具体的には、秘書やアシスタントが各自のパフォーマンスを十分に発揮して働けるように、情報共有や環境の整備などを行っています。経営陣をサポートするスタッフが能力を最大限に発揮できるよう、「整える事」が仕事です。今後は、gumi内のインターナルコミュニケーション分野も担当する予定です。
Corporate Affairs部門では、渉外業務を担当しています。前職のキャリアを活かして、新興産業である弊社の商品が日本社会に評価され、また、世界に発信していけるような環境作りに尽力しています。

── 仕事に対するこだわりを教えてください。

2014年に東証一部に上場した弊社が、さらに大きく成長を続ける今、経営陣により高いパフォーマンスを発揮していただくために、サポート役として何ができるのか。多種多様なステージで経験を積んできた上司や同僚、他社の秘書課に属する知人たちからアドバイスをもらい、私の経験も加味しながら、「gumiにマッチしたSecretary Office」を作るための試行錯誤を繰り返しています。前例は参考にしながらも、「目指すゴールは何なのか」「あるべき形はどのようなものか」を自分に問いかけながら、最短距離で最高の結果の実現を目指すことを心掛けています。

── gumiで働く魅力を教えてください。

社長も含め非常にフラットな組織で、課題に対して、部門間の垣根を越えての相談や取り組みがしやすいのが特徴です。同時に、「挑戦すること」を評価してくれる社風なので、私のように業界を越えて様々なキャリアを積んだ人材が集まり、それまでの経験を活かしながら働いています。現在は、政府関連、金融、監査法人、人材系などの業界で活躍された方が、gumiで新たなチャレンジを行っています。自らの成長の場を求めて貪欲に動ける人の期待に応えてくれる職場です。

── どんな仲間と働きたいですか?

仕事に対し、「もっとこうしたら良くなるのではないか」というスタンスで、それを楽しみながら臨める人と一緒に働きたいです。私自身、アシスタント業務においては、最大のミッションである「どうしたら(自分がアシスタントをしている上司が)最大限に能力を発揮できるか、そのために自分に何ができるか」を突き詰めていきたいと考えています。私はまだまだ途上ですが、同じように、自分の業務に責任と誇りを持って諦めずにチャレンジしている人と、一緒に働きながら高め合いたいです。

プロフィール

大学卒業後、政治家秘書として約15年間活動する。その後、gumiに入社。現職では政治畑で培った経験を活かして、Secretary Officeのマネジャー、また、Corporate Affairsで渉外活動等を担当。