変化を受け入れ、とことん楽しむ。
ゲーム作りへの情熱が、
作り手としての自分を必ず成長させてくれる。

Studio gg2 所属

開発セクション チーフ

── どんな仕事をしていますか?

オリジナルコンテンツの開発や運営に関わる、様々な取りまとめをしています。具体的には、2016年春にリリース予定の『シノビナイトメア』のディレクターとして、開発会社との折衝、予算の管理、仕様の策定、社内スタッフの調整や依頼など、また、『ファントム オブ キル』では、イラストやシナリオの手配、スケジュール管理、発注フローの構築などを担当するコンテンツディレクターのサポートも務めています。自分で手を動かすことは多くありませんが、イラストや映像などの発注に対して、自分の想像を超えた作品が各クリエイターから上がってくると、とてもモチベーションが上がりますね。

── スタジオgg2で働く魅力を教えてください。

Fuji&gumi Gamesと協業でアプリを制作しているgg2では、フジテレビの協力を得て、テレビ番組やCM等のメディアを使用したプロモーションを数多く実施しています。こうした展開を通じ、音楽制作やアニメーション監督、声優など、業界の第一線で活躍する方々と働けるのが大きな魅力です。本人の実力とモチベーションが伴えば、プロモーション部署以外のクリエイター…たとえばイラストレーターであれば「プロモーション用のイラストを手掛けたい」というような提案をすることももちろん可能。前のめりで仕事を楽しめる人にとっては、様々なことにチャレンジできる恵まれた環境です。

── スタジオgg2内部の雰囲気を教えてください。

『魂・時間・情熱のすべてを注ぎこんで最高のコンテンツを作る』というスタジオ・スローガンどおり、gg2ではクオリティを最重要視します。加えて、更新性が高いネイティブアプリを開発・運営しているので、状況に応じての差し込み作業が多くなりがちです。結果として、毎日のように何かしらの課題が持ち上がりますが、スタッフと連携してそれを乗り越える「お祭り感」が、だんだん楽しくなってきます(笑)。どんな状況でも妥協せず、楽しみながら仕事にのめり込むのがgg2のカラーです。

── ディレクターの仕事に必要な資質ってなんですか?

積極的なコミュニケーションが行えること、ですね。手が足りなそうであれば自分の担当範囲外の案件でも、どんどん首を突っ込んでいく。そうやって色々な人と関わり合い、一緒に仕事を進めていく仲間との繋がりを増やすことはディレクターの重要な仕事だと思っています。また、日々の課題の克服にあたっても、仲間とコミュニケーションを取り合う中で、無理だと思っていたことの解決方法が意外と出てきたりするんですよね。特にgg2には各分野のエキスパートが揃っていますから、自分ひとりで判断せずに能力ある仲間を信じてぶつかっていくことが大事。それが、スピード感を持って様々な事態に対応する結果に結びついているんだと思います。

── どんな仲間と働きたいですか?

忙しいスタジオでは日々、様々な課題が持ち上がります。ゆえに、変化を楽しめない人にとっては、かなりキツイ職場かもしれません。逆に、変化を柔軟に受け入れて、楽しみながら働ける人にとっては、自らの職種を越えて様々な仕事にチャレンジできる魅力的な環境だと思います。「面白いゲームの作り手として成長したい!」という情熱のある人であれば、必ず楽しんでもらえるはずです。

プロフィール

高校卒業後、牧場の厩務員を経て出版社へ転職。ゲーム雑誌の編集者を務めながら、携帯サイトの運営にも携わる。2010年9月、gumiに入社。