仲間とともに、チャレンジし続ける。
その先に、スタジオの未来がある。

Studio gg2 所属


マネジメントセクション チーフ

── gumiへの入社を決めた理由は?

gumiには新しいゲームを作り続けることを止めないベンチャー企業らしい意志と勢いがあり、様々な意味で〝新しい〟ゲームを作れる可能性を感じたことです。同時に、もともとマネジメントに興味があり、そうした面でのスキルアップを図りたいという気持ちもありました。新規アプリのディレクターとして入社した後は、新規アプリのプロジェクトマネージャー、アプリ全体の管理などマネジメントに関するキャリアを積ませてもらい、現在はgg2スタジオ全体の管理を行っています。

── gumiではどんな仕事をしていますか?

現職では、gg2スタジオ全体の管理と、『ファントム オブ キル』の運用を行っています。スタジオ管理では、売上・アプリのリリース・人員にまつわる年間計画を立て、メンバーに各ミッションとビジョンが見えるようにしています。『ファントム オブ キル』の運用では、タスクの管理、企画の確認、スキルの作成などを行います。管理と現場作業の両方を行いつつ、後任スタッフの育成もしています。

── これからチャレンジしたい仕事とは?

チャレンジすることが評価されるgumiでは、誰もが積極的に企画やイラストの提案を行います。こうした中で目立つのは、自分の職種を超えて積極的にコミュニケーションをとり、「やりたいこと」を「実行」にまで移して、プロダクトや売り上げを残す人。そうした人は、他部署からも頼られることが増え、結果的によりたくさんの成果を残します。自分もそうした人間でありたいし、職種を超えて仕事の相談をできるメンバーがいることは現場では本当に大きな助けとなります。メンバーにも同じような相談ができる人を増やし、悩む時間を減らして新たなチャレンジに邁進できる環境を育んでいます。

── どんな仲間と働きたいですか?

一言で言うなら「意識の高いサラリーマン」。ゲーム会社というとクリエイターばかりがフィーチャーされがちですが、売り上げを意識したマネジメントができる人間が、企業としては絶対に不可欠です。適切なマネジメントを行うことで、仲間の働く環境を守り、彼らの能力を伸ばしていくこと。その結果として、どこよりも面白いゲームを作り、世界No.1を獲得すること。そんな広い視野と高い意識を持った人と、一緒に働きたいですね。

プロフィール

専門学校を卒業後、ゲームメーカーに入社し、WEBデザイナーとしてパソコンゲームのキャンペーンページの作成やUIの改修に携わる。のちに携帯ゲームセクションに異動。ディレクターとしてスマートフォンの新規アプリ開発・運用を行う。2012年の11月、gumiに入社。