ビッグタイトルに携わる喜び。
そのタイトルを、
さらにビッグにするチャレンジに興奮しています。

Studio Weiß 所属


『ドラゴンジェネシス -聖戦の絆-』プランナー

── gumiへの入社を決めた理由は?

元々ゲームが好きで、ゲーム業界に憧れがありました。転職活動をしていた2012年頃はソーシャルゲームの全盛期。中でも『任侠道』『FIFA ワールドクラスサッカー』などのヒット作を連発していたgumiはとても目立つ存在で、ホームページで社員募集していること知り、エントリーしました。

── gumiではどんな仕事をしていますか?

入社当時は「現場アシスタント」として、役員のスケジュール調整業務などを行っていました。現在は「プランナー」として『ドラゴンジェネシス –聖戦の絆-』のイベントやキャンペーンの企画・運営を行っています。具体的には仕様作成、デザイン等の発注、進捗管理やデバッグなど。イベントにまつわるストーリー作成や、ゲームのバランス調整を行うこともあります。毎月1~2本のイベントをリリースし、その他にガチャなどのキャンペーンも企画・運営します。スタッフが一丸となってつくった大切なゲームをより多くの方々に知っていただくため、また、ゲームに新たな魅力をプラスすることでより楽しんでいただくために日々努力しています。

── gumiで働く魅力を教えてください。

他のゲームメーカーでは、小規模のタイトルのデバッグから担当することも多いようですが、少数精鋭のgumiでは、入ってすぐに誰もがビッグタイトルに携わることができます。例えば、私が担当する『ドラゴンジェネシス –聖戦の絆-』は100万ダウンロードを突破したビッグタイトル。こうしたゲームのイベントを任されることはとても大きな張り合いになりますし、ゲームをさらにビッグにするためのチャレンジができることにワクワクします。また、積極的なチャレンジが推奨されるgumiでは、未経験の職種へのキャリアチェンジも可能。私はアシスタントとして入社したのちにプランナー業務に興味を持ってキャリアチェンジしましたし、同僚にはエンジニアからプロデューサーに転向した人もいます。自分の経験値を上げるために果敢にチャレンジできる環境が整っているということは、仕事力のみならず、人間力をも伸ばすことができる良いチャンスだと思います。

── どんな仲間と働きたいですか?

リリース後も改変を続けることができるネイティブアプリは、リリースして終わりではなく、運用を続けることも重要です。その際、ユーザーが何を求めているか、何に不満を持っているかを随時汲み取ることができる、コミュニケーション能力の高さが求められます。また、イベントでは自社の別タイトルや他社とのコラボもよく行いますが、自分が担当するゲームに既成概念の枠を超えた新たな魅力を添え続けるためには、前述したコミュニケーション能力に加えて、ゲーム以外の様々な楽しみを知っていることが必要になります。ありとあらゆることを本気で楽しめる人なら、gumiで大きな活躍ができると思います。

プロフィール

専門学校卒業後、販売員としてアパレル企業に入社。その後、複数の企業で事務職などを経験し、2012年5月、gumiに入社。