世界を魅了する
新たなゲームづくりのために
「できない」を「できる」に変えていく

Studio gg2 所属


『ファントム オブ キル』プランナー

── gumiではどんな仕事をしていますか?

まずは本格シミュレーションRPG『ファントム オブ キル』の開発プランナーとして参加し、仕様の策定やゲームバランス調整を行いました。同作のサービス開始後は、ディレクターとして、施策の企画や運用スケジュールの調整、全体的なバランス調整などを行っています。ディレクターの主な仕事は、プロデューサーの意向を汲んで、実際にゲーム内に仕様としてどう落し込むかを調整することと、調整した仕事を適切な人材に振り分けることです。プロデューサー、エンジニア、デザイナーなど、ゲーム作成に関わる全てのスタッフのハブとなるために、それぞれの特性を理解しつつ、最終的には多くのユーザーに楽しんでもらえるコンテンツになるよう提案をしていきます。

── gumiで働く魅力を教えてください。

「このゲームは、こうしたらもっと面白くなるのでは」という提案が、自身の担当範囲を超えて、毎日のように行われます。提案に関しては「考えすぎる前に、試作品をつくって動かしてみよう」という風土があり、新しい企画に積極的に挑戦できる土壌があるのも魅力的です。また、gumiのゲームづくりは海外展開を見据えており、すでに海外でリリースされている本格RPG『ブレイブ フロンティア』は各地で高く評価されています。日本にいながらグローバルな仕事に携わっていることを実感できるのは、いい刺激になります。

── 仕事へのこだわりを教えてください。

ゲームを長く楽しんでいただくために、ユーザーの目には触れづらい部分で、制作サイドはたくさんのことを仕掛けつつゲームのバランス調整を行っています。そうした仕掛けにユーザーが気づき、「このキャラにはこういう活かし方があったんだ!」などと新たなゲームの楽しみ方を見つけてくれたときは、とてもやりがいを感じます。

── どんな仲間と働きたいですか?

未経験の業務に関しても積極的に手を上げて、自らチャンスを拾いに行ける人です。新しいゲームをつくる上で大切なのは、仕様の実現が難しいと思えるときも「できない」とは言わず、「どうしたら実現できるか」を仲間とともに突き詰めることです。トライして形にできないことはないと思っています。しかし、そのためには、全員が自分自身の可能性に挑戦し続ける必要があるのです。僕自身は、プログラムが組めるなどの特別なスキルはありませんが、仲間の能力とそれぞれの立場を理解したうえでコミュニケーションをはかるという、ともすれば一般的な能力を徹底的に突き詰めたことが、大きな武器になっています。自分の武器を磨くことを楽しめる人と、一緒に働けたらうれしいですね。

プロフィール

大学中退後、オンラインゲームの会社に入社。カスタマー・サービス業務、MMORPGのディレクター、ブラウザポータルサイトの運営マネージャー、ゲームバランスの設計・調整のほか、新卒社員の採用・育成などを行う。その後、ホームページ制作・デザイン会社にて営業も経験。2014年2月にgumiに入社。