ベンチャー企業として、無類のスケールをもつgumiを
ブランディングする醍醐味。

管理部門


経営企画部長

── gumiへの入社を決めた理由は?

面接をした取締役がとても魅力的で、「この人についていけば刺激的な仕事ができそうだ」と感じて入社を決めました。仕事ができる人の下で経験を積み、自分自身が成長したかったこともありますし、会社自体が挑戦し続けることをモットーとしているのもgumiを選んだ理由のひとつです。ベンチャー企業でありながら、これほど大きな規模感をもった企業はそうそうないので、絶好のチャンスだと感じました。前職の投資会社で多くの会社を見てきましたが、〝持ってる〟会社特有の勢いを感じたのも転職の理由です。

── gumiではどんな仕事をしていますか?

事業計画策定および予算実績管理、予算編成業務、それにまつわる金融機関対応が主な仕事になります。対外的に会社の価値を最大化するブランディングを行うプロデューサーの役割を担えれば、と思っています。同時に、取締役会や経営会議など、各種会議体の運営も行います。

── 仕事へのこだわりを教えてください。

gumiでは「当たり前」が通用しません。魅力的、かつ、無駄のない事業計画を立てるために、それぞれの事業の「本質」を押さえることが要求されるからです。「これから行うことは本当に意味のあることなのか?」「その手段は合理的なのか?」「更に良い手段はないのか?」など、当たり前と思えることも徹底的に突き詰めることで、無駄が省けたり、それまでできないと思い込んでいたことができるようになることがあります。すべての事柄について、ありとあらゆる可能性を考えるのは骨が折れますが、物事の本質を押さえることで業務にイノベーションを起こし、パフォーマンスを発揮できたときは、非常にうれしいですね。

── どんな仲間と働きたいですか?

ひと言で言えば「伸びていきたい人」です。日々変化の激しいこの業界においては、その人の持つポテンシャルもさることながら、高いコミットメント意欲をもって自身の業務に当たれるかどうかが極めて重要な要素です。gumiをさらに魅力的にしてくれる、アツい仲間を待っています!

プロフィール

大学卒業後、不動産会社に入社。不動産ファンドを担当し、ファンド組成・運用を行う。その後、保育園の運営会社に転職し、経営企画を担当。2012年、gumiに入社。