入社2年目で、巨大プロジェクトを担当。
ゲームをヒットさせるための、すべてが仕事。

Studio Weiß 所属 部長


プロデューサー

── gumiへの入社を決めた理由は?

急成長中のベンチャー企業だったことと、すでに『任侠道』『FIFAワールドクラスサッカー』などのヒットタイトルがあったことがあります。会社が目指すところも明確で、國光社長が日ごろから掲げている「世界一になる!」という目標も魅力的でした。働いている人たちにも目的意識やスピード感があり、「ここなら自分も今以上に伸びて行けるのでは」と大きなビジネスチャンスを感じて入社を決めました。

── gumiではどんな仕事をしていますか?

新しいアプリの開発と、すでにあるアプリの運用に関する、マネジメント業務を担当しています。開発でいえば、企画の意思決定・仕様作成はもちろん、予算管理からチームビルディングまで幅広く行います。運用の場合は、プラットフォームなどビジネスパートナーとの渉外や、キャンペーンを行うためのチームビルディングなど多岐にわたっており、担当アプリがより多くのユーザーに楽しまれてヒットするために必要な仕事、全てが業務範囲です。自分のキャリアで、ここまで多くの裁量と責任をもって仕事に臨める会社はなかなかないと思います。

── 仕事に対するこだわりは?

企画を実行するのに最適なチーム作りにこだわります。ゲームは、プランナーやデザイナー、エンジニアなどのチームで作るものですが、能力がある人だけを集めても、不思議とチームは機能しません。そこで、うまく機能する人材バランスを考えたり、メンバーが実力を出しやすい環境を整えます。異なる職種のメンバーを集めて、ゲームでチームプレイをしてもらうのもその一環。好きなゲームを通じてコミュニケーションをとることで風通しがよくなり、チャレンジングなチーム作りが行えます。

── やりがいを感じる瞬間は?

ユーザーが求めているものを見据えて、チームが一体となってアプリの開発や運用を行い、ユーザーから面白いと言ってもらえたときは最高にうれしいです。もちろん、苦労した企画がうまくいかなかったり、新しい仕組みを導入して障害が発生したりと失敗の経験は多々あります。新しいことにチャレンジして、様々な対策を講じたうえで結果が出ない場合もありますが、ただ、そこから何かを学び取って会社の将来的な資産とすることが、最も重要だという考えがgumiにはあります。そういったチャレンジを後押ししてくれる環境が、やりがいの源泉になっていると思います。

── 今後、gumiでどんな仕事がしたいですか?

世界中で大ヒットするゲームを作りたいです。アジア、北米、ヨーロッパに子会社があるgumiでは、ローカライズ・カルチャライズを行うことで、成功の可能性を高めつつ、スピーディーに展開できる仕組みと経験があります。他社にはないチャンスを最大限に生かして、世界的にヒットするゲーム、それを作れるチームを作りたいですね。

プロフィール

大学卒業後、楽天株式会社に入社。CGMを活用したクチコミ就職サイト『みんなの就職活動日記』の運営に携わり、新卒採用の提案営業をクライアント企業の人事部に対して行う。その後、企画部門へ異動し、メディアの運用と商品開発を担当。2012年、gumiに入社。