トップクリエイターと肩を並べて働く。
この責任の重さが、やりがいになる。

Studio gg2 所属


クリエイティブ&プロモーションセクション チーフ

── gumiではどんな仕事をしていますか?

ゲームのアート部門のマネジメント業務を行っています。アプリで使用するイラストやデザイン、映像やサウンドなどのコンテンツをディレクションします。プロデューサーの企画イメージを現場への指示に換え、最終的にイメージ通りのコンテンツに仕上がるようにコントロールします。gumiはコンテンツのクオリティにこだわっているので、このアートディレクション業務には特に力を入れています。また、ぼく自身もデザイナーとして、制作現場に参加し、アート・デザインに関するブラッシュアップを行うこともあります。

── どんなときにやりがいを感じますか?

ネイティブアプリ開発の本格化に伴って、コンテンツ制作の幅が広がっているので、有名なイラストレーターや人気声優、日本を代表する映画監督など、トップクリエイターと仕事ができる刺激的な環境が山ほどあります! 僕はもともと美少女ゲームオタクで、大好きな声優さんと仕事をするのが夢でしたが、案件の規模が大きいgumiだからこそ人気の声優さんと一緒に働く夢が叶いました。第一線の方たちをディレクションする分、責任も大きくなりますが、これほどやりがいのある仕事はないですね。

── gumiで働く魅力を教えてください。

自分の予想を超える圧倒的なクオリティ、スケールで、ゲーム作りができることです。gumiには各分野のエキスパートが在籍しているので、自分のディレクションを通じて、一人ではとても到達できないような高いクオリティのコンテンツが生み出せます。ただ、クリエイターの力を活かすのはディレクション次第。「これを、こうしたい」という確固たるイメージを自分の中に描けて、そのイメージをいかに相手と共有できるかが重要となります。逆に言うと、そういった想像力とコミュニケーション能力さえあれば、コンテンツをどんどんアウトプットできる類まれな会社でもあります。

── 今後、gumiでどんな仕事がしたいですか?

まずは業界を変えるような、オリジナルのヒットタイトルを作りたい! それができるような最先端のクリエイティブスタジオになるために、メンバーや組織の力をどんどん高めていきたいです。最終的には、クリエイティブの力で世の中を変えたい。gumiがそのときどきの業界のトレンドを決めるような、それくらいインパクトある仕事をしたいです。エキスパート揃いの稀有なクリエイティブ環境があるgumiなら、それは絶対可能です!

プロフィール

大学卒業後、複数のデザイン制作会社を経て、WEB制作会社にデザイナーとして入社した後、mixiのオープン化に伴い、ソーシャルゲーム事業の立ち上げを担う。デザインチームのリーダーとして、リリースした全てのアプリのデザインを担当。前職にて制作した女性向け携帯専用アプリ『スイーツコレクション』は、シリーズ累計200万人以上のユーザーを獲得する。2012年、gumiに入社。