Studio Weiß hackathonレポート

Studio Weiß初めてのハッカソンが、2016年1月11日(月)に行われました。

参加者は、スタジオの部長や、立案企画者であるUX/UIデザイナーをはじめとする、合計15名のスタジオ所属の有志。前職でも社員教育に携わっていたメンバーが中心となり、ひと月ほど前から参加メンバー全員で資料作成や事前準備を進め、実施当日を迎えました。

集合は朝の10時。軽いミーティングの後、フロアの両端にAチームとBチームが分かれ、それぞれが制作するゲームの内容を相手チームに知らせずに作業開始です。各チームには、プランナー、エンジニア、デザイナーがバランスよく割り振られ、1日で1本のゲームを仕上げるために、それぞれが積極的に作業し、意見を出し合います。

「小学生でも楽しめるゲーム」というテーマに基づいて、Aチームはウォーターフォール型、Bチームはアジャイル型といった異なる開発技法を採用。ソフトウェアはUnityを使用し、このソフトに触れたことがなかった人の経験を促しました。

hackathon-01
hackathon-02

Aチーム(左)(上)とBチーム(右)(下)に分かれ、相手にはゲーム内容を伏せて開発中

途中、部長からアイスの差し入れもあり、普段は別々のゲームを担当しているためにこれまで交流のなかったメンバーの間にも、和やかな笑い声が上がります。この日は19時で作業を終え、発表会は後日(1月14日)となりました。

発表会では、両チームが制作したゲームがお披露目され、当日不参加だったスタジオメンバーも実際にゲームに触れることができました。

参加メンバーたちは、「ゼロからゲームを立ち上げる」という貴重な体験をすることで、ゲームづくりの大変さと面白さを改めて実感したようです。特に、新規開発に携わったことがないメンバーにとっては、実に得がたい経験となったそうです。また、技術メンターとして参加したエンジニアは、実装サポートを行いながらVR技術を利用したアニメーションを制作。それぞれが空き時間でチャレンジングな取り組みを行い、新たな学びを得たようです。

hackathon-04

成果を報告し合う様子

hackathon-03

【ゲーム画面】左:Aチーム、右:Bチーム

最後に、部長からの「ゼロから1にするのはすごく難しいこと。それを実際にやっていただいたということは、本質的に非常に意味があると思う。これを発展させるために、引き続きぜひハッカソンをやっていきましょう」という言葉で、第一回目のハッカソンは盛況のうちに終了。

これからも弊社は、社員が自らスキルアップするような企画を、全力で支援してまいります。