前例にとらわれない環境で、
エンジニアとして、
新たな技術を追求できるということ。

Entertainment Engineering 所属

Studio Weiß
サーバーエンジニア

渡邊 堅一郎
インタビュー画像1

【プロフィール】

専門学校卒業後、Web制作会社やアプリ制作会社などでデザインを担当し、Flash制作に携わる。同時に、プライベートにおいて、趣味でプログラミングの勉強に取り組む。2013年1月、フロントエンジニアもこなせるデザイナーとしてgumiに入社。ネイティブシフトのタイミングで、サーバーエンジニアに転身。現在は新規アプリのサーバー構築を担当。

「業務で使わないプログラミング言語を学ぶのが好き」という渡邊さんは、Webデザイナーからサーバーエンジニアに転身した経歴の持ち主。「本当に興味のあること追求して続けていれば、おのずと結果はついてくる」という渡邊さんが、今、gumiのエンジニアとして追及したいこととは?

── gumiに入社する前は、デザイナーだったそうですね。

gumi入社前はWeb制作会社やアプリ制作会社で、Webデザインを担当して、Flashの制作もしていました。
それとは別に、個人的に趣味でプログラミングの勉強をしていました。私はもともとアートが好きで、アート作品を自分のブログで発表したいなと思うようになりました。ただ、ブログで凝ったことをやろうとすると、HTMLを置いただけじゃダメでプログラミングの知識が必要になる。そこからサーバーのプログラミングの勉強をするようになりました。

── gumiでサーバーエンジニアに転身したきっかけを教えてください。

gumiに入社する際に、「せっかく転職して会社を変えるのだから、これを機にエンジニアに転身しよう」という心づもりがありました。
とはいえ、それまでのキャリアがデザイナーなので、始めはフロントエンジニア寄りのデザイナーとして、『ドラゴンジェネシス -聖戦の絆-』のWeb版を担当していました。ただ、エンジニアと共同作業をしているときに、「これ、こうじゃないですか」とサーバーに対する知識なんかを、チラチラ小出しにしていた(笑)。すると徐々に「あの人、実はコードも書けるらしいぞ」みたいな雰囲気になってきて、もっとエンジニア寄りの仕事が来るようになりました。それを続けていたら、いつのまにかエンジニアの会議に呼ばれるようになっていました。「渡邊さんはデザイナーじゃなくて、こっちですよね」って(笑)。
そして、ネイティブシフトのタイミングで、『ドラジェネ』のWeb版からネイティブ版を作ることになったときにサーバーをやることになって、現在に至ります。

── gumiに入って最も大きなチャレンジは?

もともとWebデザインやFlashをやっていたので、gumiでエンジニアをやっていること自体が、自分にとっては大きなチャンレジですね。その時その時で本当に興味のあること追求して続けていれば、おのずと結果はついてくると思っています。その結果、『ドラジェネ』ネイティブ版では、サーバーサイドのリードエンジニアを務めるようにもなったので。

インタビュー画像2
インタビュー画像3

── 渡邊さんの現在のお仕事について教えてください。

新規アプリのサーバーサイドの開発を担当しています。2年くらい『ドラジェネ』のネイティブ版を担当していたので、新規実装するのは久しぶり。プログラムを一から書けるので、かなり楽しいですね。今回のサーバー構築では、耐障害性のあるシステムの構築を意識して、ErlangやElixirを使用しています。Elixirは趣味では触っていましたが、業務で使うのはこれが初めてで、すごく面白いです。
ちなみにgumiのエンジニアには「メンター制度」というのがありまして、エンジニアとしてのキャリアパスを、メンターである先輩エンジニアに相談できるチャンスがあります。弊社のメンターにはErlangの専門家がいて、半年くらいかけてErlangの勉強の筋道をつけてもらったこともあって、今回のサーバー構築はかなりスムーズにできました。社内でも今後ErlangやElixirを採用しようという流れがあるので、実現すれば、自分的にも業界的にも面白いなぁと。今はこのへんを追求したいですね。

── gumiのサーバー運用について、他社と違う点を教えてください。

使用している技術が特殊な点ですね。例えば、gumiのアプリの多くが共通して使うマイクロサービスのひとつに認証・課金システムがあるんですが、ここにErlang/OTPを使用していて、ほんの数台のサーバーで、全アプリケーションからの通信を全てさばいています。
あるいは、『ドラジェネ』のネイティブ版では、Luaでサーバー上にゲームAIを書いていたのですけど、こんなことをする会社は他にはあまりないと思いますし、そもそも普通はやろうという発想にならない。技術に対して「前例がなくても、実際に可能性があるならやってみよう」という挑戦の余地があって、実際に動けるのはいいなぁと思います。

── gumiで働くエンジニアは、どんな方々ですか?

以前いた『ドラジェネ』のチームには、「遠慮はしない、謝罪する」というモットーがあったのですが、gumi全体にそういう雰囲気があります。
大規模ゲームを開発・運用することは、様々なスキルを要求される、総合格闘技のようなものです。誰も遭遇したことのないような難しい課題が日々襲いかかってくるわけですが、それを解決するためには、おのずと様々なスキルやバックグラウンドを持った人との共同作業が必要になります。ただ、このときに遠慮していては、いいものを作りあげることはできない。「こうしたほうがいい」と思ったときは、遠慮なく議論する必要があります。
gumiにはそれができる雰囲気があって、「上司だから、遠慮して言わない」ということもありません。そのせいで、喧嘩寸前になっているところもときどき見かけますが(笑)、こういう刺激があるからこそ、いいゲームが作れるのかなと。

── エンジニアとして、gumiで働くことの魅力とは?

技術選定に制限がなくて、いくらでも面白い技術に触れられるところですね。めちゃくちゃ新しい技術でも、その技術を採り入れることのメリットがきちんと説明ができて、そうすることが妥当であれば、「じゃあ、やってみようか」となるチャンスはかなりあります。そういう面でのキャッチアップがすごく早くて、「前例がないからダメ」ということはまずない。新しい技術を追求したいエンジニアにとって、これ以上に奮闘できる場は、なかなかない気がしますね。

オフの活動

①業務で使わない技術を、趣味のために勉強していることが多いです。 違うパラダイムの言語を学ぶと、自分の認識が再構成されて本当に面白い。

②飲食全般が好きで、わりとそこにお金と時間を割きます。食べにいった店の料理を再現することも多くて、友人を自宅に招いていろんな料理を作ってみたり。先日はタイ料理を作りました。

同僚スタッフから一言

幾田 雅仁

幾田 雅仁

CTO(Chief Technical Officer)

(幾田)「向上心を強く持って学ぼうとする姿勢」と「現状の業務へ専念する」ことのバランスがすごくいい渡邊さん。プライベートでは、あまりゲームをしないそうですが……。

(渡邊)そうなんですよ、ゲームあんまりしないんですよ(笑)。

(幾田)もちろん仕事ではゲームを研究していますし、その上で、「ユーザーの方々にとっては、こういう機能があったほうがいいんじゃないか」という真摯な提案を積極的にしてくれます。ゲームの面白さを追求するだけではなく、ユーザー様に対してどんなサービスが必要かを重視して開発を行う姿勢は、もしかするとゲームに対する過度な思い入れがないからできるのかもしれません。自分も負けてられないなと思っています。