アプリの垣根を越えて、エンジニア全体が協力し合う。
このユニークな環境で、技術者としての腕を磨きたい。

Entertainment Engineering 所属

Studio Weiß
クライアントエンジニア

川島 健
インタビュー画像1

【プロフィール】

大学卒業後、コンテンツ制作会社へ入社。フロントエンドエンジニアとして、Flashゲーム制作やHTMLテンプレート装飾を担当する。2013年1月、UIデザイナーとしてgumiに入社。現在は、クライアントエンジニアとして某人気RPGゲームを担当。

あこがれだったゲーム開発者になるために、学生時代からゲームについて真剣に学んできた川島さん。新規機能の開発も担当し、クライアントエンジニアとしてのキャリアを着実に重ねる彼に、gumiでの働き方について聞きました。

── 川島さんがクライアントエンジニアになった経緯を教えてください。

前職では、Flashゲーム制作やHTMLテンプレート装飾を担当していたので、gumiにはUIデザイナーとして入社しました。
ただ、僕の場合は、UIデザイナーといっても、HTMLやCSS、Javaスクリプトなどを使って、ユーザーの目に見える画面を組み立てる仕事が中心でした。また、Webゲームが流行っていたときはJavaスクリプトを書く機会も多かったので、ネイティブシフトの際に、「ネイティブもやってみますか」と声をかけていただきました。そこで、ネイティブゲームを勉強し、その後、現在担当している某人気RPGゲームに、クライアントエンジニアとしてアサインされました。

── 現在のお仕事の内容は?

ひとつは、Unityによる機能開発です。具体的には、ギルド機能や新たな必殺技を使うための機能を開発したり、配るアイテムの種類を増やしたりなどです。また、アプリを運用している上で出てくるバグの改修作業も行います。
もうひとつは、Jenkinsによるタスクの自動化。Unityで作ったゲームの新たなダウンロードコンテンツのダウンロード部分と、これまで手動で作っていた既存の部分などの自動化をしています。
エンジニア向けの共有資料の作成も担当しています。新たな機能を追加したときに、「この機能はどういうものか」を社内wikiにまとめて、gumi全社のエンジニアで共有できるようにしています。

── これまでで、一番大きなチャレンジを教えてください。

Unityの経験が浅い中で、既存アプリの新規機能開発を行ったことです。新機能というのは先ほど言ったギルド機能のことですが、エンジニアとしての経験が浅い段階でも、機能開発にチャレンジさせてもらえたのは、すごくありがたかったです。
チャレンジをフォローしてくれる技術的な支援体制も、徐々に整ってきています。例えば、僕が今いるチームでは、業務時間内に新たな技術を学ぶ時間が組み込まれていますし、エンジニア同士が担当するアプリの垣根を越えて、技術の話がしやすい環境も整備されつつあります。

インタビュー画像2
インタビュー画像3

── エンジニア同士が技術の話がしやすい環境とは、どんなものですか?

ゲーム開発を行うエンジニアは、担当するアプリは異なっても、全員が同じ部署、Entertainment Engineeringに所属しています。そのおかげで、担当アプリの垣根を越えて、エンジニア全体が協力し合える雰囲気があります。
僕が開発で行き詰ったときやトラブルが起きたときは、同じチームのエンジニアに相談しますし、席が近い別のアプリチームのエンジニアの方に相談することもあります。
それから、社内には、gumiのアプリ共通のライブラリを開発しているエンジニアのスペシャリストチームもいるので、技術的に本当に難しい問題が持ち上がったときには、そこに相談することもできます。こういうチームって、他社ではあまり見かけない気がしますけど、どうなのでしょう?

── 社内のエンジニアの方々の交流について教えてください。

基本的にフランクな人が多いので、話しやすいです。Studio Weißで働いているエンジニアに関しては、社内wikiに自己紹介ページがあって、それぞれの経歴や趣味が把握しやすくなっています。そこから趣味の話になって、仲良くなることもありますね。
社内のチャットルームには、それぞれが趣味でつくった部屋もあって、つい最近は「ばーつく部屋」に集まったエンジニア仲間たちと筑波山に登りました。

── これからgumiで、どんなチャレンジをしたいですか?

個人的には、VRに挑戦していきたいと思っています。gumiでは年に数回、社内ハッカソンが行われているのですが、前回はVRを用いたゲームを作成しました。まだ誰も経験したことのないようなVRのゲームを作りたいので、gumiならではの支援体制を活用して、エンジニアとしての腕を磨いていきたいですね。

オフの活動

①最近はあまりできていないのですが、仕事で使う技術に関連する書籍(現在は主にC#・Unity)を読んでいることが多いです。社外のエンジニア勉強会に参加することもあります。

②トレーディングカードゲームやソーシャルゲームをプレイしたり、映画鑑賞などをして過ごしています。最近は特に、登山に興味があります。先日は一人で高尾山に登って麓で温泉に入りました。


同僚スタッフから一言

福島 誠大

福島 誠大

Entertainment Engineering 所属
Studio Weiß
エンジニアマネージャー

(福島)コミュニケーション能力が高い川島君は、プランナーやデザイナーとのやりとりや調整が得意。面倒見が良いので、最近は新人教育もお願いしています。

(川島)そのせいで、最近は「パイセン」って呼ばれて、年上の同僚たちにいじられています(笑)。

(福島)技術力の面ではまだまだ勉強の余地があるパイセンですが(笑)、未経験の分野にも積極的にチャレンジして、周囲にポジティブな影響をもたらしてくれます。それは貴重な資質。今後の活躍に大いに期待しています!